安価でメリットがある


コピー機中古コピー機を購入するメリットはいろいろとあります。現在は、どんどんと新しいモデルが登場するようになり、購入のサイクルも上がってきていることは間違いありません。使い慣れたモデルを購入するというのも、中古のメリットになってくるでしょう。購入費用を抑えながらも、使い勝手のいいモデルを選べるようになります。

中古コピー機のメリットとして、すぐに手に入れることができる部分も大きいウェイトを占めます。かなり大きな費用を投入することになりますが、新品ではすぐに来ないようなこともあるでしょう。注文をしてから、時間を必要としますが、中にはひと月も必要になる場合も出てきます。こうした時間のロスを考えると、中古のほうが安価なうえに価値も高くなる部分です。在庫状況に左右されてしまうのは、導入を考えるうえでマイナスな条件と考えられます。

中古のデメリットといえますが、それだけ傷んでいるのではないかと思うかもしれません。ですが、日本の製品の品質は高く、心配はまずいらないでしょう。整備もして販売されますので、安価なメリットを十分に生かせる選択となります。中古コピー機の販売をしている業者のサイトなども見てみると、整備にとても力を入れていることが分かりますし、アフターフォロー制度も万全です。信頼度の高い業者から購入すればまず間違いはないでしょう。故障したとしても、長く使っていけますし、導入コストを抑えられたことで回転させられるのですから、デメリットにはなりません。

 

安価だからチェック

コピー機中古コピー機を選ぶ場合、多くのメリットがありますが、とにかく価格を抑えられるところが重要視されます。イニシャルコストになりますが、このメリットを最大限生かすためには、故障といったトラブルを最低限に抑え、稼働率をあげることが重要です。これがランニングコストにつながり、あとから圧迫してくることになるからです。

コピー機の部品は、一般的に生産停止から7年間で生産されなくなります。このあとは、メーカーに問い合わせても部品がありません。サイクルとしては、3年から4年で新商品が出ることになるため、最短で3年、最長で11年の期間を考えることになるでしょう。5年は修理もできると考えることができますので、いつ生産された物かを確認するのが重要です

コピー機には消耗してしまう部品も出てきます。機械ですので、どうしても消耗は避けられません。どこまで使われてきたコピー機なのかを確認できるのが、カウンターです。業務量で利用されてきているのですから、この数値を確認しておくといいでしょう。車でいえば走行距離ですので、できれば少ないものを選ぶことで、落とせるようになったイニシャルコストを十分に生かしていけるようになります。